肌トラブルを防ごう!

不十分なメイク落としは肌トラブルの原因

頻繁に使用しなければならないスキンケアといえば、メイク落としですね。メイクをした日は必ず落とさなくてはなりませんから、ほぼ毎日のように使用することになるでしょう。
正しいメイク落としは、スキンケアの基本です。ファンデーションや口紅が落ちずに残ったままでいると、さまざまな肌トラブルに繋がります。
メイク落としがしっかりされていないと、どのようなトラブルが起きるのでしょうか?

 

まず、メイクの色素が肌に残り沈着してしまいます。また、にきびや吹き出物、シミ、シワ、乾燥などあらゆるトラブルの元になります。本来なら毛穴に余分な汚れを残しておくべきではありませんが、メイクが落ちていないため、毛穴に汚れが詰まった状態が続くことになります。肌内部でアクネ菌が繁殖し、炎症を起こすのです。
毛穴にメイク汚れが詰まっていると、にきびが発生して色素沈着やシミに繋がりやすくなります。大人にきびやシミといった症状は、一度発生すると簡単には解消させることができません。
メイク落としで傷ついた肌には炭酸パックでしっかりと保湿しましょう。
また、色素沈着もなかなか落ちませんから、くすみとなって肌の老化を早めてしまいます。肌の老化を防ぐためにも、メイク落としが重要です。ファンデーションや口紅だけでなく、アイメイクは特に落としにくいのが特徴です。洗浄力の強いメイク落としを使用し、残らず落とすことを心掛けましょう。

 

シミ取りに効くサプリ